2017年 04月 18日

ウボン ラチャタニまでと、ラオスからの帰り

ソンクラン休みに、地方へ出ると

バンコクの北部ターミナルはソンクラン前となると、帰省客でいっぱいである。
年末と比べると、早めの休暇を取る学生がいるためか多少は少ないようにも感じる。

モンチット2ともいう。
b0156846_12333846.jpg


直接、ウボン行きのバスがないため、コラートまで。
b0156846_12345688.jpg


コラートからウボンラチャタニは8時間
b0156846_12363611.jpg


b0156846_12372632.jpg


More
[PR]

# by tmothailand | 2017-04-18 12:30 | タイ
2017年 04月 17日

ラオスの南部開発は早い

ラオスの南部開発は早い
―ボロベン高原、ホテル、日系資本の工業団地
b0156846_1224923.jpg

(1)久しぶりにボロベン高原に足を踏み入れたら
そこには広大なコーヒー園が開けている。数千ライものコンセッションがあるのだろう。Skyline Coffeeという名前の通り、高原にでると見渡す限りのコーヒー園が広がる。
道路からの奥行きは見えないが、幅が2kmほどある。また、別の名前であるが幅2km、奥行き不明の新しいコーヒーの苗を植えた畑もあった。道を挟んで、次に開墾する予定地もあった。
タイのウボンラチャタニから車で2時間で、ラオスの国境。チェンメグ。ここからまた車で1時間半でラオス南部の中心地パクセーの街に入る。
パクセーを8時過ぎに出ると、車なら1時間余りでパクソンに入る。
途中、ダオコーヒーの工場があり、隣には幹部用の住宅地もある。
工員は、付近の村から集まるのであろう。いままで就労する場所が少なかった農村に町が生まれた。工場を誘致することは、工場から直接の経済効果としては原材料の買い上げであるが、ダオコーヒーグループは原料のコーヒー豆から栽培を行っている。親会社は、TCCグループ。
タイでは、ビアチャンと不動産開発で有名な財閥である。
b0156846_12284375.jpg

(2)ホテル開業
パクソンに2008年に開業したというホテルを尋ねた。部屋題は1200バーツ、1000バーツが本館、別館には600バーツもある。オーナーは中華系のラオス人。本人は中国人だという。
かってフランスの植民地時代は、避暑地として納めた村である。パクセーから上ってくると夏でも涼しい。ボロベン高原の滝には、パクソンから車がないと不便であるが、足さえ確保出来ると山と水が楽しめる。
b0156846_12274750.jpg


More
[PR]

# by tmothailand | 2017-04-17 15:20 | ラオス
2017年 01月 22日

ルアンプラバンが世界遺産に指定されて

2016.12.30から2017.1.3までタイ北部を経由してラオスの古都ルアンプラバンを

前から一度は尋ねたい古都であるが、機会がなかった。
たまたま、年末年始のまとまった休日があることから、思い立って、チェンライ、チェンコン経由でラオスに入った。

バンコク北部のバスターミナルは年末帰省客でいっぱいであったが、チェンコンまではさすがに少ない。
b0156846_0104779.jpg


チェンコンからメコン川の国境橋に。
b0156846_0123511.jpg

チェンコン市内
b0156846_0134656.jpg

国境
b0156846_0151053.jpg


More
[PR]

# by tmothailand | 2017-01-22 09:05 | ラオス